未練タラタラ男はいつまで未練タラタラでいるのか

3流病院でセコセコ働く、男性看護師の日記です。日本一ゴルフの上手い看護師と認定看護師とモテる看護師と儲ける看護師を目指してます。

2020年09月

9月の月例会の結果。

9月の月例会は、とても悔しいものとなった。

目標スコアは42-43の85で設定。

前半は1度ミスをしたが、目標達成の42。

後半は2番ホールで痛恨のミス。

さらにミスを連発し+4。

さらに、4番ホールでもミスを連発しバーディーが取れそうなところからのボギー。

6番でもミス。

7番でもミス。

そして8番でもミス。

ここまでミスを連続する意味がわからない。

途中、雨だ霧だでコンディションが悪くなったのも原因だと思うが、とても残念で悔しい結果だった。

10月はケアマネの試験の為に月例会に参加できない為、次の月例会は11月になる。

本当は9月の月例会が終わったらケアマネの試験勉強に集中する為にゴルフを休止する予定でいたのだが、これでは止められない。

もう11月の月例会に向けてスタートすることに。

まずはミスの原因を探らなければ。

メンタルなのかとも。

あとは、その日の調子の分析をしてなかったことも。

その日は、ラフからのショットはことごとく引っ掛けていた。

なのに、ラフで引っ掛けてバンカーやまたラフに打ち込んだり。

そうそれだ!

プレー中に自己分析。

また新しいスキルを身につけたな。

次のラウンドでは、プレー中の自己分析を必ずやろう。

少し気持ちが軽くなった。

よし、次こそは。




とても安価だけど、めちゃ役立った。
たぶん、スコアは5%は良くなる。
雨と霧で使えなかった。
そしたらミス連発。
やっぱり大切な相棒かなと。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

9月の月例会に向けて。

8月の月例会で燃え尽きたはずであったが、そんなことも忘れてしまい、また9月の月例会に向けてドキドキしている笑

9月の月例会は明後日。

いつも同じことを言ってる気もするが、今までの中で1番調子がいい。

前回2位だった為、ハンデキャップが2割減になっているが、それでも優勝できそうな気がするくらい調子がいい。

準備は万端。

あとは、当日に緊張し過ぎないことくらい。

そうは言っても、いつも緊張して散々な結果に。

今日の夜勤は、過去の月例会のブログを読み返して、同じ失敗をしないようにしよう。

やっぱり忘れる力ってすごい笑



この計測器は、安価ですけど充分な働きしますよ。
自分のスコアもこいつのおかげで良くなりました。
たぶん笑
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

救急搬送。

今日、今月2回目の夜勤。

前回の夜勤では看取りがあってバタバタしたけど、今日の夜勤は落ち着いている予定だったのに。

夕食時に70代男性が吐血して意識不明。

救急搬送された。

運良く日勤帯の看護師の定時少し前だったので、日勤帯看護師が対応してくれた。

もう1時間遅かったら、1人で対応する羽目になっただろう。

不幸中の幸いなのかなと。

でも、急性期病院から転職した立場からすると、こういう場合は指示とか出しながらテキパキと対応したかったのに、ただタジタジとしただけ。

情けない。

1人なら自分であれこれ考えてテキパキと対応出来たハズなのに、なんて思ったりも。

とにかく悔しい。

やっぱり看護師は経験がすべてだなと。

今日の経験をしっかり活かして自分のものとしなければ。

早くテキパキと動けるかっこいい看護師になりたいな。

希望だけじゃなれない。

もっとシュミレーションして、自分のものとしなければ。

そんな簡単ではないか。

今月はペアの介護さんに恵まれている。

今日も、何もしない看護師に文句ひとつ言わず、夜勤看護師のやる仕事を黙々とこなしてくれた。

なんてありがたい。

やっぱり介護さんには頭が上がらない。

ばばぁ介護なんて嫌ってる場合ではないな。

まぁとにかく、自分に力のないことは実感できた。

力を付けることと、自分の能力の無さを受け入れること。

ちょっと調子に乗り過ぎてたかも。

謙虚にいこう。

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3BM759+E5N2LU+1WP2+674EP" rel="nofollow">

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ターミナルケア。

自分の勤める老健でもターミナルケアを行っている。

今日は夜勤なんだが、どうもターミナルの方が旅立とうとしている。

看取りはとても苦手。

カルテを何回も見直して、対応方法もしっかり頭に入れたけど、やっぱり嫌だ。

死というものに直面することに、まだ抵抗があるというか、貴重な死というものを三流看護師の自分のようなものが看てよいのかという罪悪感のようなものもある。

しっかり勉強して対応すればよいのだが、わかっていてもなかなか難しい。

そんな状況なのだが、どうも呼吸が苦しそう。

なんとかしたいと思っていろいろ調べてみると、どうも脳内酸素が低下し苦しくなると、脳内麻薬というようなものが生産され、苦痛をやわらげ至福感を与えてくれるとのこと。

きっと、利用者さんも至福感を味わっているんだろうと自分を納得させる。

そんなこんなで苦しそうな呼吸も止まり、旅立たれた。

たまたま一緒の夜勤の介護士のメンバーに恵まれ、エンゼルケアを率先してやってくれた。

とても綺麗にしてくれた。

もしかしたら、エンゼルケアに自信がなくて自分やることに対しての不安というのもターミナルケアが苦手な理由の一つかもしれない。

恵まれた介護メンバーのおかげで、家族対応に充分な時間が取れた。

来所できないということで、電話にて最期の様子を伝えた。

上手く伝わっているといいだが。

とりあえず自分のできるだけのことはやれたかな。

少しでも利用者さんや家族が喜んでもらえる対応ができていればいいんだけど。

あとは、デスノートに忘れないよう記すだけだ。

安らかにお眠り下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ