簿記3級。

最近、独立についてよく考える。

夢のまた夢ではあるが、もうすぐ確定申告で頑張ったバイト代から税金をしょっぴかれると考えると、どうしても節税のできる独立を羨ましく思ってしまう。

そうは言っても、何をどうして節税なのか、経費が何でとか全然知らない。

ということで、独立したら帳簿を自分でつけなきゃ節税どころか青色申告もできず、余計に税金を払いそうな予感も。

そこで、帳簿くらいつけれるようにと、簿記の勉強をすることにした。

まずは簿記3級合格を目指して。

実は学生時代に1度簿記3級の試験を受けたことがある。

独学で勉強したけど、さっぱり分からず、記念受験。

そのまま記憶から簿記試験を抹消した。

もし、あの学生時代にもっと簿記に興味をもっていたなら。

さらに、経済学部に行っていたのだから、きちんと授業を受けて経済について学んでいたらと。

学生時代のパチスロと麻雀漬けの生活に後悔。

そして、必殺のあの時ああしてたらの後悔連鎖。

一通り、しっかりと後悔して、得意の頑張れ自分で自分を励ます。

後悔しても仕方ない。

とりあえず、やる意味はないかもしれないが、簿記3級試験を頑張ってみることに。

頑張れ自分。

でもやってみるととても面白い。

どうなるか分からないけど、頑張ってみる。

どうか今度は長続きしますように。