未練タラタラ男はいつまで未練タラタラでいるのか

3流病院でセコセコ働く、男性看護師の日記です。日本一ゴルフの上手い看護師と認定看護師とモテる看護師と儲ける看護師を目指してます。

Category: 看護師

オミクロン。

三流看護師ではあるが、一応、コロナに携わってはいる。

もうコロナ歴も2年目になる。

デルタ株の時は、ほんとにヤバかった。

毎日、戦場のように忙しかった。

ただ、関わりとして電話対応が中心なので、少し耳が痛い程度ではあったが。

そしてまた、オミクロンが流行しはじめた。

ずっと電話が鳴るのを待ってるだけで良かった仕事が続いたのだが、ついに電話がなり始めてしまった。

内容は、デルタの時と比べものにならないくらい軽度のものばかり。

デルタの時であれば、そんなのは対応できないのでと断っていた内容の患者さんばかり。

暇なんで対応しているが、正直、迷惑。

一応、対応するにあたり、費用が発生する。

コロナの費用は、全額を国が負担をする。

極端なことを言うと、解熱剤とかは自分で薬屋で買うと何千円が必要になるけど、コロナ陽性者は病院にいけば無料で診察を受けられ、解熱剤も無料でもらえる。

そんな感じで、なんでも対応していると費用がバカにならない。

それだけでなく、飲食店やらなんやらに助成金を配ったり、なんだかんだとかなりの税金を投入している。

自分のこの仕事の給料も、元は国からである。

派遣会社がかなりの額をピンハネしているが。

こんなに多額の費用を使用して、どうやって回収するのだろうか?

きっと、回収はできないのだろう。

それはわかっていても、コロナの恩恵を受けている人たちは多くいて、それが政治家に関係のある人が大半を占めていれば、国はその恩恵を受けている人たちを守る為に、さらなる予算を準備する。

そして、自らの選挙の表をあつめる。

これは、もう日本の悪しき週間である。

なんだかとても恐ろしい。

オミクロン、なんだかたいしたことはなさそうだ。

でも、あえて言う。

油断はダメだ!オミクロンに備えてしっかり準備を整えようと。

そして、準備に必要なお金をしっかりいただく。

今日も、軽症者相手に熱と酸素飽和度を聞くだけで、5万を超える給料をいただく。

他分、医師はこの5倍をもらう。

こんな医師と看護師が、世の中には何百人といるだろう。

コロナバブル。

オミクロン様のおかげで、まだまだ続きそう。

お金より、命が大切。

コロナには、多大な備えを推奨します。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ケアマネ試験の結果。

おそらく今年もダメだった。

昨年と比べれば、何倍も知識をつけたはずなんだが。

開始直後から、全く見た事ない問題ばかり。

なんとか最後までやり終えて、見直し。

あーだこーだと考えて、3つか4つ、解答を変更した。

結果、それも裏目に。

介護支援分野11点。

保健医療サービスと、福祉サービス分野30点。

各分野でボーダーラインがある。

昨年のボーダーラインが、

介護支援分野が13点。

保健医療と福祉サービスが、22点。

介護支援分野がボーダーラインを超えそうもないという結果。

昨年は、介護支援分野が13点。

保健医療と福祉サービスが20点。

うーん。

見直ししなければ、介護支援分野で13点はとれていた。

なんで見直しして、直しちゃうかな。

とても後悔。

またしばらくは暗い気持ちと後悔にさいなまれそうだ。

来年は、どうしような。

なんで合格できないんだろうね。

かなり勉強して、仕上がってたはずなのにね。

もう嫌だ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コロナ第5派。

コロナ第5派が猛威を振るった。

バイトのコロナ軽症者療養ホテルの人員が増員となり勤務日数が大幅に増えた。

そして、電話によるコロナ自宅療養者への往診サービスのバイトは、依頼件数が山のように増えて、朝まで電話の応対に追われるようになった。

つまりは、コロナの仕事が忙しくなり過ぎて、ブログを更新できなかった。

そして、やっと第5派に終わり、ブログが更新できるようになった。

この第5派の間、やたらに間食と不規則な生活、緊急事態宣言によるジムの休業が重なり、大幅な体重増とウエストへのお肉の増量が起こり、完全な中年体型になってしまった。

恐るべきコロナ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

王様気質。

モヤモヤした気持ちが消えない。

原因はなんなんだろう。

全然分からない。

もしかしたら、この件なのかも。

先日、メインで勤めている老健施設に、ワクチン接種のバイトの案内が来た。

なんと時給5000円。

9時~12時までと13時~16時まで。

午前と午後を勤めて1日働くと3万円。

これが30日間ある。

こんな美味しい仕事はないと思い、入れそうなところは全部申し込んだ。

でも、希望者に均等に分けるためなのか、申し込めたのは、2日間で6万円までしか申し込めなかった。

それでも美味しい仕事。

なんかウハウハしてたのだが、どうも付属の病院で申し込み者が多数ということで、施設にまで仕事がまわせないと。

は?

どういうこと?

どうも施設からの申し込みはないと思ったようで、病院の看護師で分け合って申し込みを済ませたということのようだ。

ふざけるなと思ったが、現在、コロナ関係のバイトを2つしており、十分なバイト代が入る予定なので、ワクチン接種のバイトなんてなくても困らない。

なので、笑顔で了解なんて言った。

それに、県に申し込みすれば時給5000円のワクチン接種の仕事ができることを知っていたが、他のバイトの勤務日数も増える予定があったので、県に申し込むのをやめていた。

だから、そんなにやる気はなかったのだが。

なのに、なんか悔しい。

同じ状況で働いてるのに、自分だけが外されたような気に。

そして、病院の看護師たちがニヤニヤしながら、高額時給のバイトをしている姿を想像すると、無性に腹が立ち、モヤモヤする。

昔からそうだった。

もう全部やりたい。

全部やれないと悔しい。

いつも世界の中心にいて、全てのことに対して自分の決裁が必要で、自分に反するものは全部罰を受ける。

そんな感じ。

ワクチン接種の件も、何勝手に俺の許可を取らずに決めてるんだと。

欲に目がくらんでワクチン接種のバイトをしたいというやつがたくさんいるから、そいつらを優先していいですか?と自分に断りをいれ、自分がおっけーを出して決めて欲しかった。

今のままなら、申し込みしたのに、ワクチン接種のバイトをさせて貰えない、可哀想な奴扱いなんじゃないのかと。

頼むから、自分の許可なしに物事を決めるのはやめて欲しい。

なんて言うわがまま男なんだろうか。

でも、振り返ってみて気づけた。

自分って、そんな王様気質だったんだなと。





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

リモートコロナ②。

リモートコロナの仕事も、コロナの感染者数の減少に伴い訪問件数も減り仕事がなくなってきている。

今はだいたい1晩に1件の訪問先がある程度。

そんな中、NHKでリモートコロナの特集が放映された。

潜在看護師がリモートでコロナと戦う的な内容だった。

とても上手くストーリーが作られており、潜在看護師が見えないところで在宅療養者を支えており、子育てしながら身に付けた知識や経験を生かし、療養者のこころをケアしていると。

先日に行われたリモート勉強会も撮影されており、素晴らしい編集で部分的に使われていた。

自分も紛れて、少しではあるがテレビデビューしていた笑

そんな潜在看護師の頑張りを特集してもらったのだが、自分からすれば2件ぐらい電話するだけで2万ぐらいもらえるおいしいバイトにすぎない。

恐るべしコロナ。

そして、恐るべし報道。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ